シトロエンの思い出

シトロエンと言うとエンスーな響きもありますが

私が乗っていたのは「シトロエン ZX シュプール」という

どちらかというと個性のあまり無いシトロエンでした。

 

ガンメタ(濃いグレーのメタリック)ボディに

細い赤いラインがスポーティーなイメージでした。

1.9リットルの、VWゴルフと同じセグメントのクルマです。

リセールバリューが低いのも分かって3年落ちで買いました。

同じ年式にゴルフより数十万円安く買ったと思います。

 

その前に乗っていたのが「オペル カデット LS」ですから

かなり変わり者かもしれません(笑)

当時は東邦モータースが扱っている頃で

オペルはかなりマイナーなメーカーです。

ヤナセが扱うのずっとあとです。

 

さて、そのシトロエン ZXは

カデットから比べても足回りが固く

シートのホールド感も高くスポーティーな感じがしました。

シトロエンのサスペンションのイメージとは真逆です。

ハイドロではなかったですしね。

 

でも、長距離を走っても疲れないですし

山道も排気量のわりにはスムーズでした。

ほんとうはエグザンティアが欲しかったのですが

タマ数もなく高価でしたから諦めたなんてことは忘れていました(笑)

 

結局、廃車にしたのですが

今だったらクルマ一括査定ですよね。

それなりの価格で売れたと思います。

それだけが残念です。

お金の問題よりも

ちゃんと愛車を評価してあげたかったからです。

10年落ちの車でも評価してくれたはずです。

クルマは好きなんですよね。

メニュー

車の売却は下取りではなく車一括査定で。40万円以上高く売れた車もあるそうですよ!